HDDの寿命

パソコンと手

hddは使用し続けることによって次第に故障が発生しやすくなっていきます。 常時利用し続けた場合のhddの寿命は4年程度といわれており、それ以降は故障が発生してしまう可能性が次第に高くなっていってしまいます。 そういったときに日頃から備えておくことが重要で、仮に不具合が発生してhddの内容が読み込めないなんて被害が発生しても問題が最小限に済むように日頃から万が一の事態に備えてバックアップをとっておく必要があります。 そして、それは手軽なデータのバックアップ先として選ばれている外付けhddも例外ではありません。 外付けhddは外部記憶媒体ですが、立派なhddの一種なので利用し続けることによっていずれは不具合が発生してしまいます。

もし外付けhddに不具合が発生したときの対処法としては幾つか方法があります。 一つは故障した製品とデータを綺麗さっぱり諦めて新しい製品を購入するという方法です。 現在は外付けhdd自体の価格もかなり低下しているため安いものなら2tbの製品でも9,000円未満で購入することが可能になっています。 そしてもう一つは自分で修理を行う方法です、単純なACアダプターの故障なら別の物に交換すれば済みますが、本体が故障していた場合は同じ製品のパーツを流用するなどする必要があります。 そして製造メーカーに修理を依頼する方法です。 有償、無償にしてもデータは保障されませんので注意が必要です。 もし、外付けhhdのデータ失わずに修復したい場合は専門の修理業者へ依頼をしましょう。 専門の修理業者へ依頼した場合は相応の費用が必要になりますが、高確率でデータを保持したまま修理を行ってくれます。 外付けhddに不具合が発生した際の選択肢は複数ありますので状況に合わせて臨機応変に選択しましょう。